学習計画

学習計画

シラバスを活用した
中高一貫教育

基礎学力という土台のうえに応用力を積み重ねていく勉強は、家を建てるのに似ています。そこで大切になってくるのは、いま自分は「どのような骨組みを何のために組み立てているのか」を理解したうえで勉強を進めていくことです。

これから学習しようとしている科目、いま学習している科目について「それが全体のなかでどのような意味を持ち、なぜ、この順序でこの内容を学んでいかなければならないのか」がわからなければ、学習に取り組む興味や意欲もわいてこないものです。

渋谷教育学園 渋谷中学高等学校 副校長 高際伊都子

渋谷教育学園
渋谷中学高等学校 副校長
高際伊都子

そのため本校では、新学期の始めに「シラバス」と呼ばれる冊子を生徒に配布します。このシラバスは、教科ごとに1年間で学習する内容と計画が細かく書かれたもので、家づくりにたとえるならば設計図にあたるものです。シラバスをもとに、生徒自身が「いま何を学んでいるのか」「いま学んでいることは何につながるのか」ということを常に確認し、自ら目標を設定することで学習効果が上がるように指導していきます。

このように「シラバス」を取り入れた教育システムは、欧米の学校でも広く利用されています。

▲PAGE TOP